スリーバーズロゴ

家具のリメイク

TEL:042-345-0169
【営業時間】10:00〜19:00 火曜定休
※ 予約制になりますので、ご来店の際は事前にお電話またはメールにてご連絡ください

remake

【リメイクについて】

リメイクとは、家具そのもののサイズやデザイン、構造等を大幅に変更することです。弊社ではリサイズ(サイズ変更)のご依頼がリメイクの中では最も多いオーダーですが、家具の一部材のみを使用して、全く違う家具を作ると言った加工も承っております。

お引越しでお手持ちの家具のサイズが大きい為新しいお部屋のサイズに合わせ小さくしたい、またはご両親などご親族、友人から引き継いだ家具があり、それをお部屋の雰囲気に合った家具へと蘇らせ使って行きたい。思い入れや愛着があるので捨てるには忍びない。などなど・・・そんなご希望やお困りのことがございましたらまずはご相談下さい。丁寧にご要望をお聞きし、お客様にとってベストな方法をご案内させて頂きます。

サイズを小さくする「リサイズ」や、オリジナルの部材と新規材料を組み合わせつつ、元の形から全く違う家具へと作り変える「リメイク」などお客様のご希望を様々な工法やアイデアを用いて実現致します。

洋服箪笥の二分割リメイク

洋服箪笥・リメイク前

【befor】

チーク突き板合板製の収納箪笥です。新居の2階へ設置したいけれど、階段が狭く運び込む事ができず、また、今後の事も考え持ち運びを容易にしたいとのご希望で、上段、下段に二分割にしてノックダウン式の家具にリメイクする事になりました。

洋服箪笥・リメイク後

【after】

カットした断面の上段部には底板を、下段部には天板を新たに取り付け、それぞれの板材のエッジにはチーク無垢材を貼り、オリジナルに近いモールディングを施しクオリティーを高めております。上段、下段はビス固定しておりますのでしっかりと取り付けられてます。外観からはセパレートするノックダウン式家具とは分からない程の一体感のある仕上りになりました。

大型ワードローブのリサイズ

ワードローブ・リメイク前

【befor】

ケヤキ突き板フラッシュ合板製の大きなワードローブです。今後使い続けるには大きすぎる為、、小さいサイズへのリサイズのご依頼を頂きました。リサイズ加工の他、家具内部に扉材を使用して棚板を取りつけ、全体的な再塗装をするリメイクになります。

ワードローブ・リメイク後

【after】

まず部材を全て解体してバラバラの状態にし、リサイズ、製材加工を施します。その際に使えなくなる部材も生じる為、その部分は新たな材料にて作り直します。そこから部材を再度組み付けていき、再塗装をして完成です。解体時に材料に破損が生じオリジナルを生かした加工が中々難しい部分もありましたが、大型のワードローブからピッタリサイズのシェルフへと生まれ変わりました。

文机のリメイク

文机・リメイク前

【befor】

かなり古い文机です。思い入れがあるので、なるべくオリジナルの印象を変えず、小さくリサイズ、再塗装の修理をご希望でした。真ん中の引き出しを紛失している為、その分のサイズを縮める事にしました。

文机・リメイク後

【after】

古い家具には付き物なのですが、外観からでは分からない破損や不具合が必ず潜んでいるので、それらの要因を一つ一つ直し、構造体もしっかりと修理します。塗装は全て剥げ落ちていたので、ご希望の色味調整を施しラッカーにて仕上げました。

古い天板を利用し脚を作りダイニングテーブル兼作業台へリメイク

ダイニングテーブル・リメイク前

【befor】

お客様が気に入って購入した天板に合った脚を新規に作り、普段使いのダイニングテーブルとして、またミシン掛けなどの作業にも耐えられるようなしっかりとした構造で部材を組み付けました。アジのある大きな天板にマッチするデザインを心がけました。

ダイニングテーブル・リメイク後

【after】

工場で使用されているような作業台のイメージで、とのご希望を汲み取った中で制作する為、材料には建築材として使われる事の多い松材を使用、全て木接合にて強度のある構造にて組み付けました。無骨ながら天板のアジを生かした雰囲気のある仕上りになりました。

デスクからコーヒーテーブルへリメイク

デスク・リメイク前

【befor】

ご結婚され、今までデスクとして利用していたものを新居ではコーヒーテーブルとして使って行きたいとのご依頼です。全く違う家具へリメイクする為部材は全て解体して製材からの作業になります。

コーヒーテーブル・リメイク後

【after】

お客様の完成イメージが北欧家具のようなシンプルなデザインをご希望だった為、無駄を省き、部材を極力細く、スタイリッシュに見えるよう加工しました。直線的でシンプルな形状の為、素材感が際立つよう塗装していきました。

勉強机から天板を生かしたアイアンフレームデスクへリメイク

勉強机・リメイク前

【befor】

今まで使っていた思い入れのある勉強机を天板のみを残し、フレームをアイアンで制作しスタイリッシュなデスクへのリメイクです。

アイアンフレームデスク・リメイク後

【after】

残す部材は天板のみですので、完成後は当然全く別の家具へと生まれ変わりました。アイアンのシャープなフレームが印象的な仕上がりになっています。天板は再塗装し、元はウレタン塗料でしたがオイル仕上げに変更。ナチュラルな雰囲気はアイアンとも良く合っています。

テーブルの脚の長さ延長リメイク

デスク・リメイク前

【納品時】

中国赴任時に購入されたというニレ無垢材を使用した、大きく立派な彫刻があるテーブルですが、その大きさ故自宅に運び込む際に搬入できずやむなくその場で脚先端を切り落とし、長さが足りなくなった部分をご希望のテーブル高への変更、及び今後の事も考え取り外し構造にて新規で脚先端部の制作のご依頼を頂きました。画像は完成後、ご自宅へ搬入した時のものです。

デスク・リメイク後

【修理中】

修理中のものです。画像左側が新規で作った脚、右側が切り落としたオリジナルです。

ボルトナット式

取り外し可能な構造と言う事で、ボルトナット式で対応しました。

脚先端を取り付けた状態

制作した脚先端を取り付けた時のものです。オリジナルのアジ、古び感を表現する為通常の塗装ではなく、エイジング加工を施しながら一体感を出し仕上げました。違和感無い仕上がりで、お客様にも大変満足して頂きました。