スリーバーズロゴ

テーブルの修理

TEL:042-345-0169
【営業時間】10:00〜19:00 火曜定休
※ 予約制になりますので、ご来店の際は事前にお電話またはメールにてご連絡ください

repair of tables

テーブルの修理

経年や使用による外観の劣化を再塗装を施すことにより美しく蘇ります。また、構造体のガタツキの補修や深くついたキズや凹みなども元に戻すことが可能です。更に天板をカットし、小さいサイズに作り変えるといったリメイクも承っております。塗装一つをとっても様々な方法がございますので、お客様のご希望の色味や仕上がりの風合いをお伝え頂ければそれに合わせた修理方法をご提案させて頂きます。

テーブルの再塗装(手塗り塗装)

※手塗り塗装とは? → 古来より用いられているタンポ刷りや刷毛塗り等の手作業による技法です。主にシェラックニスやラッカー、オイル塗装に用いる方法です。風合いのある自然な仕上がりになりますが、ウレタン塗料のご希望など塗膜の強度を求める場合はガン吹きをお勧めしております。

ちゃぶ台の塗装修理

昔ながらのちゃぶ台の塗装修理です。既存の塗料を全て剥がしヤスリ掛けのあとにお客様のご要望でオイルフィニッシュにて仕上げました。修理をすればこの後も永らくお使い頂ける様に生まれ変わります。

テーブル全体の再塗装

テーブル全体の再塗装をしました。状態にもよりますが、サンディングを施せばキズやシミなどはほとんど消え、美しい仕上がりになります。技法はシェラックニスタンポ刷りの後、塗膜の強度を高める為ラッカーも刷り込みました。

テーブルの再塗装(ガン機械吹き)

※ガン吹き塗装とは? → コンプレッサーのエアーにより塗料を吹き付ける塗装方法です。ピッタリとしたフラットで新品の様な表情を得られる反面手塗りのようなアジは出せません。

ガン吹き塗装

普段使いのダイニングテーブルも経年や使用による劣化で塗装の剥がれやシミ、キズが入りますが、ガン吹き塗装を施すことにより新品のような表情に蘇ります。

古道具の塗装

日本の古道具はかなり年月が経っている為、塗装だけではなく構造体にもガタがきているものが多く見受けられます。その様な場合も接合部の補修から再塗装まで全てやり直せば外観も美しく、これからも永く使えるような強度も蘇ります。

ベタ塗り再塗装

※ベタ塗り塗装とは? → 通常家具の塗料は木目を生かす為透明性のあるものを用いますが、木目を潰した色をガン吹きにより塗り覆ってしまう方法です。

サンディングと塗装

子供の学習机です。まず表面をサンディングし、塗料がしっかりと食いつくように処理します。

塗装の繰り返し

塗料を塗っては磨き、の作業をフラットな表情を得るまで何度も繰り返し仕上げまで持っていきます。全く違った家具に生まれ変わりました。

深いキズや虫食い穴等の修復

虫食い痕やキズ

虫食い痕やキズなども深くついています。このまま放っておくといずれは使えなくなってしまいます。

パテ補強と塗装

穴やキズにパテを充填し復活させ、再塗装により見違えるように蘇りました。