スリーバーズロゴ

椅子の修理

TEL:042-345-0169
【営業時間】10:00〜19:00 火曜定休
※ 予約制になりますので、ご来店の際は事前にお電話またはメールにてご連絡ください

repair of chairs

椅子の修理

椅子の不具合で特に多いものが接合部のガタツキや、経年や使用による外観の劣化です。そのような症状は一旦解体し、圧着し直し、再塗装を施すことにより実用強度や外観が美しく蘇ります。また、座面や背面の生地の張替えも勿論承っております。更に部材が完全に折れてしまった破損やサイズ変更なども修復、リメイク可能です。塗装一つをとっても様々な方法がございますので、お客様のご希望の色味や仕上がりの風合いをお伝え頂ければそれに合わせた修理方法をご提案させて頂きます。

椅子のフレーム折れの修理

フレーム折れ

完全に背フレームが折れてしまっています。このケースでは元の部材を使うことはできないので破損箇所をカットし、新しい部材を制作し接ぎ直します。

鉄棒の差し込み

接ぎ直す部材と部材の中に穴を開け、画像のような鉄の棒を差し込み強度を出します。通常の木工ボンドでは鉄と木は接着しないのでウレタンボンドという強力な接着剤を使います。

部材の継ぎ合わせ

鉄の棒を入れたら元の部材と新しく制作した部材を接ぎ合わせます。その後にカンナやヤスリなどで形を成型していきます。

再塗装

外した部材を全て接合し直し、最後に色を合わせ再塗装して完成です。折れた部分は全く分からなくなりました。

生地の張替え

生地張り替え

椅子生地の張替えも勿論承っております。弊社在庫のメーカーサンプル帳からお好きな生地をお選び頂けます。工賃は椅子の形状により変動致しますのでお問い合わせください。

座面ベルトの張り直し

座面ベルトの張り直し

ソファの座面に多く使用されているベルトの張替えです。ベルトも年月が経つと破れたり剥がれたりと傷んできますので、新しいベルトへ張り替えれば座り心地は蘇ります。

ガタツキの修理

ガタツキ補修

椅子のガタツキの補修作業風景です。まず部材をバラバラに解体し、傷んだホゾ穴を復活させた後、ボンドを差込みハタガネという道具で圧着させます。この作業を経る事で強度が再生します。